• ソフトバンクエアーは工事のいらない通信関連機器です

    ソフトバンクが提供するエアーは家庭用のインターネット接続通信関連機器で工事をせずにコンセント一つでインターネットやメールを利用することが出来ます。

    一般的に戸建てやマンションにインターネット回線を引く場合はケーブルを使用するために家屋内に線を引き込む工事とONUと呼ばれる回線終端装置が必要となり、ONUとパソコンを接続するためにLANケーブルとスマートフォンやタブレットをWi-Fiで使用したければ無線LAN機器もご自身で設置することになります。



    その点ソフトバンクが提供するエアーは小型のターミナルをコンセントに挿せば無線LANの機能もあるので、通信関連の設定はパソコンやスマートフォン、タブレットの設定画面からソフトバンクエアーのSSIDと呼ばれる識別子が表示されますので、同封されている暗号化キーを入力すれば直ぐにインターネットへの接続が出来ます。



    ソフトバンクエアーは通信関連の回線を携帯電話やスマートフォンで使用している高速回線の電波でインターネットに接続しているため工事の必要もなく、家庭内であればどこでも通信が可能になります。


    携帯電話やスマートフォンの場合は1ヶ月の通信使用量が契約で決められていますが、毎月のデータ通信量に上限は有りません。


    工事が必要ないため申し込みをしてから早ければ翌日に端末が届きますので、直ぐにインターネットが使用できるメリットもあります。


    マンションやアパートなどで工事が難しい場合でもソフトバンクエアーであればターミナルだけで通信関連が完結しますので、検討して見ては如何でしょうか。