• 通信関連でソフトバンクエアーを利用する際の注意点

    ソフトバンクが提案する新しい固定インターネットサービスであるソフトバンクエアーは工事が不要で設置できる上に配線がないためオフィスや自宅のネット環境を手軽に構築できる上に部屋の景観を損なわないメリットがあります。モバイルデータ通信を利用してネット接続するサービスではありますが、ソフトバンクエアーは1ヶ月あたりの高速データ通信量の上限がないため、無制限にネットができる通信環境を整えたい場合にもおすすめなのですが、利用の際には幾つかの注意点があります。
    通信関連機器としてソフトバンクエアーを利用する際の注意点を解説していきます。

    ソフトバンクエアーを利用する上で真っ先に注意が必要なのが利用する時間帯によっては通信速度が低下する点です。
    特にモバイルデータ通信を行う人が多くなる夜の時間帯には著しく速度が低下することもあるので夜に通信関連の作業を行うことが多い人は特に注意が必要です。



    またテレビ電話や動画視聴サービスなどの通信関連サービスを度々利用する場合も要注意です。



    IP電話アプリの利用やテレビ電話の利用、動画視聴サービスなどの利用は通信こそ切断されないものの通信速度の制限が行われることもあり、制限が行われた結果快適にサービスが利用できなくなることがあるのです。



    加えて短時間に大量のデータ通信量を消費した場合にも一時的に通信速度が規制されることがあります。月間のデータ使用量に上限はありませんが、本当の意味でネット使い放題のサービスではないことを覚えておきましょう。